エルヴィン・シュタウト

経歴

経営コンサルタント


エルヴィン・シュタウトは、1948年2月25日にドイツのレオンベルクで生まれました。 同氏はシュトゥットガルト大学とフライブルク大学で経済科学を学び、1973年に学位を取得しました。


同氏は1973年にIBM Germanyに入社し、1982年にシュトゥットガルトで最初の最高管理職に就任しました。この役職では、財務管理、社会保険、エネルギー供給においてバーデン・ヴュルテンベルク州の顧客を担当するセールスマネージャーを務めました。その後、マーケティングプロジェクトの責任者に任命され、その次にはマーケティングおよびサービス部門のディレクターのアシスタントに任命されました。


1986年から1989年まで、エルヴィン・シュタウトはベルリンのIBMオフィスを運営していました。1989年に総管理者として承認され、同氏はシュトゥットガルト本部のコミュニケーションおよび広報部門の管理を引き継ぎました。同氏は1992年7月から1993年末までドイツにおけるPCビジネス全体の責任者を務めていました。1994年1月、エルヴィン・シュタウトは営業部門の責任者に就任し、その職責においてIBM Deutschland Informationssysteme GmbHのマネージングディレクターに任命されました。


1994年10月、エルヴィン・シュタウトは、最初は競争的マーケティングのゼネラルマネージャーとして、次にマーケティングの副社長として、パリのIBMヨーロッパ本社に異動しました。1995年7月から1998年10月まで、同氏は材料産業および石油の事業分野において世界規模の責任を担っていました。1998年11月から2003年1月まで、シュタウト氏はIBM Deutschland GmbHの最高経営責任者でした。


1999年以降、同氏はD21イニシアチブの名誉会長を務めています。これは、ドイツの産業社会から情報技術社会への転換を加速させることを目的とした、300の民間機関と公的機関を結ぶパートナーシップです。


2003年6月、エルヴィン・シュタウトは、サッカークラブ、VfB Stuttgartのメンバー達により社長に選出されました。TSV Eltingenの元左側のアウトサイドプレーヤと会長でもある同氏は、アマチュアサッカーに長年自主的に携わり、幼い時からVfB Stuttgartのファンであり、長年メンバーでもありました。2003年から2011年まで、エルヴィン・シュタウトはVfB Stuttgart初の常勤としての社長を務めました。


同氏は2011年以降、会社を更なる成功へと導く発展をもたらすことについてビジネスマネジャー陣に助言を続けています。


数ある役職の中でも、エルヴィン・シュタウトは、Deutsche Bank AG Stuttgartの諮問委員会に加えて、PROFI Engineering Systems AG、USU SoftwareAGの監査役会の委員でもあります。


エルヴィン・シュタウトは既婚で3人の子供がいます。