Haufe Groupが、ライセンス管理システムを刷新

Haufe Group

Haufe Groupは、変革プロセスにおいて成功を収めた素晴らしい事例です。この20年で、中堅企業の同社は出版社からソフトウェア会社へと変貌を遂げました。また、同社は、ライセンス管理のデジタル変革も推進しています。Haufe Groupが世界中の数多くのオフィスで多種多様なソフトウェア製品を使用していることを踏まえると、すべてのライセンスと使用方法の概要を継続的に更新することが不可欠です。

Haufe Groupは監査でMicrosoftを説得

プロジェクトチームは、わずかな期間で、USU license managementとスキャナーを導入することができました。さらに、30以上もの既存プロセスが最適化されました。ライセンス概要を基にHaufe Groupは、Microsoftとの友好的な監査で、より有益なライセンスモデルを構築することができました。

❞

ITアーキテクチャは孤立したアプリケーションではありません!USUを導入した際、サービスデスクのスタッフはUSUが生成したデータを習得しました。その結果、部門間でのデータ利用が可能となりました。

Ramona Knäble, License Manager in the Haufe Group

要覧

組織

Haufe Group

業界

ソフトウェア会社

従業員(2017年)

約1,900人

売上高(2016年)

3億4,300万ユーロ(2017年6月)

ウェブサイト

www.haufegroup.com

サービス

クラウドポータルの接続や監視など、関連するライセンスメトリクスを用いて、Haufe Groupで使用されているソフトウェア製品の統合されたライセンスバランスを実現。

Haufe Groupについて

Haufe Groupは、フライブルクに本社を置き、世界中に19の支店を有するグループ企業です。同社のサービスポートフォリオは、人材、組織、テクノロジー/システムによる3つの主要な軸に沿って展開され、専門家の情報とポータル、専用ソフトウェア、そしてスタッフと事業に適した組織開発に関するセミナーとアドバイスなどが含まれています。

プロジェクトのマイルストーン

  • 関連するライセンスメトリクスを使用したすべてのMicrosoft製品のライセンスレコード

USU Managed Servicesが次の施策をサポート

プラットフォームの導入が無事終了した後でも、プロジェクトは継続されます。USU Managed Servicesは今後、他のソフトウェアにも対応し、Haufe Groupをサポートしてゆきます。

プロジェクトの目的

  • 自動化されたライセンスレコードを作成
  • 財務リスクに対処
  • ライセンスを新規購入せず再利用
  • 可能な限り最良な契約の内容を設定することでコストを最適化
  • 透明性を高めることで強い交渉力を保持
  • データ品質を向上
  • プロセスの最適化をサポート

なぜUSUを選択するのか?

  • 非常に効果的なPoC(概念実証)の検証をサポート
  • ライセンス取得で利用可能な専門家の専門知識
  • SAMソリューションは説明不要な、直感的なユーザーガイダンスが備わっている
  • 単一のプロバイダを介したSAMソリューション、コンサルティング、およびサービス
  • 最高レベルのサービスと顧客重視の姿勢
  • すべてのプロジェクトフェーズを通して迅速な対応

USUソリューションがもたらす高度なSAMの成熟度

Haufe Groupは、USUソリューションを導入後、ライセンスと使用方法の概要を把握できるようになりました。同社のビジネスは、コンプライアンスの確保に向けて重要な一歩を踏み出し、その結果、ライセンス管理における高度な成熟度を短期間で達成しました。

SAMプロジェクトとともに、Active Directoryが再設計されました。これは、データ品質の向上によりHaufe Group全体にメリットをもたらすプロジェクトです。さらに、サービスデスクのスタッフは、デバイスの詳細、メインユーザー、BIOSバージョンなどの詳細情報を追加してサポートを受けることができました。

この新たな正確情報をもとに、ライセンスの使用が標準化され、統一されます。また、それにより従業員の入・退社の手続きが容易になり、サービスデスクは直接的に導入効果を得ることができます。

USU Software Asset Managementソリューションが使用したクラウドポータルの接続と監視方法:

ライセンス管理

ディスカバリ

SAMコンサルティング と 監査サポート

SAM トレーニングセッション

部門の枠を超えたチームが成功を確かなものに

導入にあたり、ライセンス管理に関連する懸念事項を確認および評価するために、License Manager(ライセンスマネージャー)という役職が設けられました。プロジェクトチームは最大10人の従業員で構成され、プロジェクトマネージャー(ライセンスマネージャー)の他に、シニア開発者、法律顧問、要件エンジニア、プロセスマネージャー、テクニカルリードも含まれていました。部門の枠を超えたチームの編成は、プロジェクトの成功に大きく貢献しました。USUもチームの一員として、技術コンサルタント、プロジェクトコンサルタントおよびサービス技術者を提供しました。

2か月後にはライセンスの全容を把握

USU Software Asset Managementは、2016年11月の短期の調査フェーズとPoC(概念実証)を経て導入されました。このプラットフォームは、最新のテクノロジーを求めるHaufe Groupの要求を満たす唯一のソリューションであり、またUSUチームの詳細な専門知識も同社に感銘を与えました。ライセンス概要は、わずか2か月で把握できるようになりました。それ以来、USUソリューションによって、例えば、使用中のMicrosoftライセンスが利用可能になったりすることが、毎日更新されるようになりました。したがって、ライセンスが不必要にまたは違法に割り当てられることはありません。

2か月後にはライセンスの全容を把握

貴社のライセンス状況を把握されていますか?

USUは、正確なライセンスの全容を素早く提供します。当社のプラットフォームは、IBM、Microsoft、Oracle、SAPなどすべての主要ベンダーに対応し、サーバー、クライアント、モバイル、およびクラウドの複雑なメトリクスを正確に算出し、当社のSAMツールは大企業で最大30%のコスト削減を実現します。

ライセンス管理の詳細情報はこちら

日々のライセンスデータに基づくデジタル変革

Haufeが使用していたライセンスソリューションであるMiss Marpleのレビューとライセンス状況の分析において、継続的で有意義なライセンス概要を作成できないことが明らかになりました。そこで同社は、ソフトウェア資産管理(SAM)システムを刷新し、継続的で自動化された、持続可能なライセンスの透明性を実現させることに決めました。また、すべての子会社も含め最新の技術や環境に置き換え、多数のプロセスを文書化して最適化することも決定しました。

始める準備はできていますか?デモをご覧ください!