クラウド最適化 クラウド、ハイブリッド、マルチクラウドとマイグレーションを分析

Aspera is now USU
USU Hybrid Cloud Management

クラウドの使用量とコストを追跡

クラウドサービスは運用が容易で、極めて柔軟性や拡張性に優れていますが、同時に、使い過ぎに陥りやすく、追跡が困難で、管理が難しいと言えます。そこで、どんなクラウドサービスを、どのように使っているかを確認するために、USU Software Asset Managementが威力を発揮します。何が使われているかを記録し、クラウドライセンスとマイグレーションを分析し、正確な全体像を把握することで、お客様のPaaS、 IaaS、SaaS、さらにITハイブリッドコストを最適化します。

クラウド最適化の利点、トップ3

全てのベンダーを一元的に視覚化

全てのベンダーのポータルからお客様のクラウドデータを抽出、一元化されたマルチクラウドの情報にまとめます。

使い過ぎによる料金超過や違約金を回避

なぜクラウドでは、つい使いすぎてしまうのでしょう。予算を超えた利用を防ぎます。

サブスクリプションのコストとオプションのバランス

クラウドサービスのライセンス契約を確認し、費用を払いすぎていないかを確認します。

必要不可欠な全てのクラウドサービスを網羅

Amazon AWS, Microsoft Azure, Google Cloud, Oracle Database, IBM PVU, Microsoft Windows Server, Microsoft SQL Server

SaaS

USU Software Asset Managementでは、Office 365 、WebEx、Salesforce、Creative CloudなどのSaaSツールから必要なライセンスを計算します。

PaaS & IaaS

Amazon AWS、Microsoft Azure、GCGなど、必要不可欠なパブリッククラウドサービスに対して、適切な費用モデルでの支払いを保証します。

ハイブリッド

物理的なインストールや外出先での利用が必要な場合は、オンプレミスとクラウドライセンスのITハイブリッド管理が可能です。

クラウドマイグレーションのペインとゲインを分析

「クラウドならもっと安くなる?」移行を計画する際に全ての企業が期待することです。お客様が現在お使いのサーバーアーキテクチャをクラウド移行した場合の、必要なコストと、移行後の新しいライセンスの最良の取扱い方法を分析し、財務上の影響を先取りした形で強力にシミュレーションします。
レンタルか購入か?
サブスクリプションサービスを利用するか、BYOL(Bring Your Own Licenses)を利用するか判断します。
VMソフトウェアにしますか?
仮想クラウドのマシンをレンタルし、動作するソフトウェアの支払い方法を選択することができます。
ハイブリッド化しますか?
ライセンスを、オンプレミスとクラウド移行に分割するか、評価します。

マルチクラウドを管理

クラウドサービスでは、それぞれのサービスのバックエンド処理をしますが、各クラウドプロバイダは、請求や報告用に独自のポータルを持っています。こうした統計やKPIを一箇所で管理できたら素晴らしいと思いませんか?ソリューションダッシュボードで全てを確認することができます。

クラウドAPI

Amazon CloudWatchやGoogle Stackdriverのようなモニタリングツールから直接データを引き出せます。

サーバーニーズ

サーバー、インスタンス、VMを評価し、構成やコアの配分を提案します。

適正サイズのライセンス

サーバー、インスタンス、処理、ユーザーなどのメトリクスに基づき、必要なライセンス数を決定します。

重要レポートでビジネスインサイトを提示

ソリューションにデータを取り込んだ瞬間から、それに関してのレポートが作成できます。一元的に集約されたダッシュボードで日々の情報を確認して、KPIやダッシュボードのデータを同僚や意思決定者と共有できます。作成されたレポートで、IT部門、調達部門、さらに経営幹部が、ソフトウェア管理の価値を知ることができます。

毎日の活動や傾向を図やグラフで確認。
ソフトウェアの傾向と利用に関する履歴データを表示。
契約内容が変更される場合には通知。
ダッシュボードや重要レポートを共有します。
ソフトウェアのライセンスに関する「オーバータイム」の質問にも回答します。
必要最小限のライセンスを分析、特定します。

1,200を超えるブランドと世界のマーケットリーダーがUSUを採用

始める準備はできていますか? デモをご覧ください!