Cloud Cost Management as a Service

クラウド最適化

アプリケーションの信頼性、可用性、パフォーマンスを損なうことなく、Azure、AWS、Googleを使用してクラウド環境を最適化する際には、コストに注意してください。

効率的なクラウドのコスト管理は何をもたらすのか?

アプリケーションに必要なクラウドのリソースを、要求に応じてコスト効率よく提供することは、多くのIT部門にとって大きな課題となっています。たとえFinOpsのエキスパートであっても、クラウドアプリケーションのコンピューティング、ストレージ、データベースの構成を正確に把握することはほぼ不可能です。

Forrester社のレポートによると、全体の94%の企業が、アプリケーションのパフォーマンス低下のリスクを避けるためにリソースを割り当て過ぎています。クラウドへの過剰な支出は、必然的に投資収益率(ROI)を低下させるため、クラウドのコスト管理者にとって良いことではありません。

USU Cloud Cost Management as a Service (CCMaaS) を利用する事で、クラウドのリソースと利用状況の正確な状況を把握し、要求が上回る状況を回避し、どのアプリケーションにどのリソースが必要かをリアルタイムで分析することができます。

USUのサービスは、パブリック、プライベート、マルチ、ハイブリッド、また主要なクラウドプロバイダーを問わず、あらゆるクラウド環境でお客様をサポートします。選択したクラウドの最適化戦略に応じて、俊敏性と弾力性が向上するだけでなく、経費を最大30%削減することができます。

クラウドインフラの透明性

コスト削減を実現する前に、クラウドのインベントリ、使用状況、費用などの全容を把握することがとても重要です。CCMaaS(Cloud Cost Management as a Service)は、最小ライセンス要件を分析し、一連のレポートやダッシュボード形式で、トレンドやクラウドの効果的な利用状況に関する最新のデータを毎日提供します。また、オペレーティングシステム、インスタンスタイプ、仮想CPU、場所/地域、アカウント、利用可能なタグなどの広範なメトリクスに基づいて、コンピューティングとSQLデータベースのインスタンスの分布に関する詳細な概要を確認することができます。 コンピューティングインスタンスは、Azure Compute Virtual Machines、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)、Google Compute Engineについて表示されます。

USU Software Asset Management - Cloud Cost Management as a Service - Azure Infrastructure

クラウドデータベースの最適化

USUのCCMaaSレポートを活用して、Azure SQLとAmazon RDSのデータベースリソースを正確に把握し、アプリケーションがパフォーマンスを必要とする際に、それらを正確にスケーリングすることができます。USUは、対象範囲に含まれるオペレーティングシステムとデータベースの累積総コストを表示します。これらはハイパースケーラーを介して従量課金モデルでライセンスされています。データベースインスタンスは、Azure SQL Database、Amazon Relational Database Service (RDS)、Google Cloud SQL用にマッピング可能です。

USU Software Asset Management - Cloud Cost Management as a Service - Azure Software

Kubernetesの最適化とBYOLの活用

コンテナインフラのキャパシティや状況をUSU CCMaaSのレポートで確認し、ライトサイジングにより最適化することで、コンテナクラスタを拡張することができます。このソリューションでは新しいライセンスを購入する代わりに、SQLサーバーやWindowsサーバーのコアライセンス、またはその他の既存のデータベースライセンスをBYOLの一環としてクラウドに移行できるかどうかも分析します。

USU Software Asset Management - Cloud Cost Management as a Service - Multi Cloud Instances

クラウドコストの最適化

USU CCMaaSは、クラウドインスタンスの利用状況を確認し、継続的なワークロードにおいてはリザーブドインスタンス、動的なワークロードには従量課金モデルを使用して最適な利用を提案します。未使用のリソースは、クラウドの無駄を省くために未使用にするか、再割り当てすることができます。インスタンスを適切なサイズに設定することで、クラウドのリソースを利用しているプロファイルに合わせてカスタマイズすることができます。すべての施策は、潜在的なコスト削減の効果的な活用に貢献します。

USU Software Asset Management - Cloud Cost Management as a Service - Azure Consumption

優位性

クラウドインフラの概要

USUでは、Azure、AWS、Googleのクラウド使用状況、パフォーマンス、実際のリソース要件に関する包括的な概要を作成します。これにはマーケットプレイスでの購入も含まれます。

クラウドコストをコントロール

USUのサービスは、実施できる対策を策定するためのデータを提供します。またUSUのエキスパートがお客様のクラウドのポートフォリオを分析し、最適化することができるUSUの最適化サービスをご利用いただくことも可能です。

クラウドのコンプライアンスをしっかりと把握

管理不足やクラウドのガバナンス欠如が、シャドーITやクラウドのポートフォリオの不十分な基準を導き出し、データやレポーティングの混乱を招いた事例をご紹介します。

USUがクラウドの課題を解決する方法

パブリッククラウドの経費を削減するためには?

USU CCMaaSは、クラウド状況を継続的に確認し、費用を最適化するための適切な方法を提供します。現状において、アプリケーションを継続的に運用するために必要なクラウドのリソースを決定することに重点を置いています。USUの分析エンジンは、アプリケーションからプラットフォーム、ハードウェアに至るまで、スタック全体のリソース要件と依存関係を考慮しています。拡張性の高いソリューションによってパブリッククラウドをより効率的に利用し、コスト分析を改善し、クラウドの予算の価値を最大化することができます。USUの解析エンジンは、アプリケーションからプラットフォーム、ハードウェアに至るまで、スタック全体のリソース要件と依存関係を考慮に入れています。

クラウドベンダーから割引を受けるためには?

USUは、Amazon AWS、Google Cloud、Microsoft Azureなどの複雑なマルチクラウド環境におけるコネクタのデータ収集とモニタリングを自動化します。ハイパースケーラーと合意した料金は、CCMaaSのレポートに表示され、計画予算と比較されます。USUのFinOpsエキスパートは、使用していない最適化可能なクラウドのリソースを特定し、リザーブドインスタンスの取得やスケーリング、ライトサイジングやBYOLなどの最適化のための推奨情報を提供します。

クラウド費用を継続的に把握するためには?

USU CCMaaSは、広範で自動化可能なレポート機能を提供し、効率的なクラウドコストの最適化対策をプロセスとワークフローに組み込むことができます。複数のクラウドプロバイダーにまたがるコンピューティングやSQLのインスタンスの利用状況や稼働率、および関連コストをレポートすることで透明性を確保し、財務リスクを最小限に抑えることができます。USUサービスは、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、Microsoft Azureなど、一般的なパブリッククラウドプロバイダーをすべてサポートしています。

始める準備はできていますか?

 デモをご覧ください!